キャバクラが存在する理由について考えてみました

サイトマップ

cabaretclub

キャバクラやホストクラブが存在する理由

大阪の京橋でセクキャバをお探しなら「GOGOキャバクラナース編」をチェックしてみてください!

大阪などに、キャバクラやセクキャバ、ホストクラブなどの水商売が存在している理由はどこにあるのでしょうか。まず言えるのは、キャバクラやホストクラブを求めている人々が多くいるという事です。求める人、必要としている人がいなければ、こんなにも長く存在し続けるということはできません。それでは、それら店に通い続ける人は一体何を求めているのでしょうか。それは、非現実的な空間で受けられるサービスを求めていると言っても過言ではないと思います。ここでいう非現実的な空間とは、異性が自分に対して至れりつくせりのサービス・接客をしてくれる空間ということです。中には、異性と会話ができる事だけに満足しているという人もいるかもしれません。どちらにしても、普段の生活の中では満たされない欲求を埋めるために人々は、キャバクラやホストクラブなどに通い続けるのです。キャバクラやホストクラブでは、客に対して専属の人間が隣に付きます。そして、客はお金を払いさえすれば好みの人間を指名でき、会話をすることもできるのですが、こういったサービスが基本としてなければ、キャバクラやホストクラブのような商売は成立していなかったと思います。それだけ、客が指名できるという仕組みは重要な要素だと言えます。経済が冷え込むとキャバクラやホストクラブなどに通う人は少なくなりますが、それでもこういった商売は決してなくなることはないと断言できます。なぜなら人は、異性との出会いや接する機会を常に求めている生物だからです。

魅力ある空間


キャバクラ等の飲み屋さんは、ほぼ100%といっていいほどの割合で仕事のお付き合い。最初は居酒屋、次にスナック、その後に行くことが多かった。※ただスナックが1軒で終わることがすくなかったが。正直にお店の女の子とどうかなろうとかの感情もなく、なぜ行くのか考えてみたが、面白いてんが見えた。まず、一緒に飲んでいた仲間と数軒回ったあとでは、話すネタも同じになり、間に女性が入った方が、逆に仲間との会話も弾む。また、うす暗い空間に照明に照らされ、広い空間に漂うとくとくな香の中で仲間と女性が交互に座りお酒を飲む所も魅力。おしゃべりをしながらなので、時間がたつのも非常に早くのども渇くので、言われなくともお酒をすすんで飲んでいる。お店に入った時から酔っ払っているのでなおさらですが。一方であまり好ましくない点もある。お店のシステムで1タイムの半分か3分の1の時間で女性がチェンジする。色々な女性と会えるという点では良いのですが、特に初めてのお店だと女性が代わるたびに同じ質問、会話になる。以前はあまり気にならなかったが、ここ数年は逆に疲れてしまい話があった人がきたら、すぐ指名してしまう。これをすることによりデメリットが解消されている。なんだかんだ言って、結果的には楽しいところだから行くのでしょう。

やりがいのある業界ですね


若いうちから、頑張れば頑張っただけの世界の中でもこれだけ大きな金額を稼げる仕事は他にあるのでしょうか。大阪のキャバクラやホスト、世間一般的にはとても良いイメージとは言いにくい業界である事は誰もが承知の事かと思います。が、人間の本能的欲求である自由を手に入れるという大きい目標に最も近いのはもしかしたら、こういった業界の方々なのかもしれません。稀に若くして企業をして成功をする方もいらっしゃいますが、それにはとても大きな勇気や知識やお金やリスク等様々なマイナス要因と戦い勝ち抜いた方のみが辿り着く所ですので中々難しいかもしれませんが、この業界はやる気さえあれば誰でも平等にチャレンジする事ができ努力次第で良いお客様からも気に入って貰えて人生の充実に繋げる事ができる仕事であるといえます。只同然楽なはずがないです。危ない世界の方々との接点が一般人よりも絡む可能性は高くなりますし、年齢的にもずっとできる仕事でもないです。それなのでこの業界でも大いなる目標の自由を手に入れる事というのは本当に難しい事かと思われます。でも自由というものは本当に人間なら誰もが憧れる理想郷です。特にストレス社会のトップを走っているであろう日本という国では、サラリーマンの何割が自由を願っているでしょうか。正確な事は分かりませんが9割以上なんじゃないでしょうか。でも、その方の大半の方々がリスクや世間体を振り払えず、定年まで我慢して働き続けます。その後は自由がありますが、誰だってできれば若いうちから自由を手に入れたいですよね。本当に自由を求めるならばチャレンジしてみる事は決して悪い事ではないと感じます。